2月に古物店で強盗未遂の疑い 23歳の男逮捕、秋田中央署

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央警察署(資料写真)
秋田中央警察署(資料写真)

 秋田市泉菅野1丁目の古物店で2月、店員に刃物を突き付け金を奪おうとしたとして、秋田中央署は14日、住所不定、アルバイトの男(23)を強盗未遂の疑いで逮捕した。署は事件後、当時の音声データや防犯カメラの画像などを公開して情報提供を求めていた。

 逮捕容疑は、2月26日午後5時半ごろ、古物店で50代男性店員に刃物を突き付け現金を要求したが未遂に終わった疑い。容疑を大筋で認めている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 509 文字 / 残り 319 文字)

秋田の最新ニュース