花輪線の歩み振り返る 全線開通90年で写真展、鹿角花輪駅

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
主要駅の解説パネルなどが並ぶ写真展
主要駅の解説パネルなどが並ぶ写真展

 JR花輪線の全線開通90周年を記念する写真展が、鹿角市の鹿角花輪駅で開かれている。17日まで。

 車両の撮影を趣味とする「撮り鉄」として知られるJR東日本社員の作品や、主要駅の昭和時代と現在の駅舎を比較した解説パネル、全線開通を報じる秋田魁新報紙面の写しなど約40点が並ぶ。パネルは鹿角市歴史民俗資料館から借りた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 527 文字 / 残り 370 文字)

同じジャンルのニュース