ハピネッツ、強敵千葉に勝つために… 土日アウェーで対戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
練習後、コーチ陣とコミュニケーションを取るデイビス(左)。個々の成長がより感じられるシーズンにしたい=14日、秋田ノーザンゲートスクエア
練習後、コーチ陣とコミュニケーションを取るデイビス(左)。個々の成長がより感じられるシーズンにしたい=14日、秋田ノーザンゲートスクエア

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツは、16日と17日の午後4時5分から、千葉県船橋市の船橋アリーナで同地区の千葉Jと対戦する。ともに3勝1敗。昨季のリーグ覇者を相手に2016―17年シーズン以来の白星を挙げられるか。

 千葉Jは今季新たに外国籍選手2人を迎え、連覇を目指す。攻撃力の高さは健在で、ガード富樫勇樹、日本国籍取得のエドワーズは東京五輪代表。ガード西村文男ら経験豊富なメンバーも残る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 525 文字 / 残り 310 文字)

秋田の最新ニュース