秋田市役所のPCR検査所、年明けまで開設延長

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は民間事業者と連携して、市役所内に開設した新型コロナウイルスのPCR検査所について、来年1月まで期間を延長する方針を決めた。当初は今月末で閉鎖予定だったが、今後も利用ニーズが見込まれるため、気軽に検査できる環境を維持する。

 検査所は市役所1階の市民ホールの一角にあり、木下グループ(本社東京)が8月2日から運営。公益性があるとし、市が場所を無償提供している。今月9日時点で6452人の利用があった。うち6割が市民だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 409 文字 / 残り 195 文字)

同じジャンルのニュース