松山は66、首位と5打差7位 米男子ゴルフ、CJカップ第1日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第1ラウンド、1番でバンカーショットを放つ松山英樹。6アンダーで首位と5打差の7位につけた=サミット・クラブ(共同)
第1ラウンド、1番でバンカーショットを放つ松山英樹。6アンダーで首位と5打差の7位につけた=サミット・クラブ(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】米男子ゴルフのCJカップは14日、ネバダ州ラスベガスのサミット・クラブ(パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は6バーディー、ボギーなしの66で首位と5打差の7位につけた。

 ロバート・ストレブ(米国)が61でトップに立ち、キース・ミッチェル(米国)が1打差の2位につけた。

 新型コロナウイルスの影響で昨年に続いて韓国から開催地が変更された。78選手が予選落ちなしで争う。