トヨタ11月10~15万台減産 部品調達難、4工場で調整

お気に入りに登録

 トヨタ自動車は15日、11月の世界生産を計画比で10万~15万台減らすと発表した。9~10月は東南アジアの新型コロナウイルス流行による部品調達難や世界的な半導体不足で大幅減産となり、11月は挽回分を含め100万台程度の生産を目指していたが、引き続き影響が出た。国内4工場で生産調整する。

 一方、生産台数自体は85万~90万台となり、単月としては過去最高水準になる見通し。足元は減産幅が縮小していることから、2021年度の世界生産見通しは900万台を維持する。