法大の山下投手「将来エースに」 ヤクルト1位指名あいさつ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヤクルトの小川GM(左)からドラフト1位指名のあいさつを受ける法大の山下輝投手=15日、川崎市
ヤクルトの小川GM(左)からドラフト1位指名のあいさつを受ける法大の山下輝投手=15日、川崎市

 ヤクルトからドラフト1位指名された法大の山下輝投手が15日、川崎市の野球部寮で小川ゼネラルマネジャー(GM)らからあいさつを受け「将来、エースみたいな形で投げられるように頑張ろうと思った」と胸を高鳴らせた。

 身長188センチ、体重100キロと大柄な左投手。球団がドラフト会議で最初に指名し、西武が交渉権を得た隅田知一郎投手(西日本工大)より一回り大きく、小川GMは「これからの伸び幅も十分に考えられる。球界を代表するような投手になってほしい」と期待した。