湯沢市、入札ミスで落札取り消し 最低制限価格を誤算定

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市は15日、誤った最低制限価格で業務委託の入札が行われ、落札を取り消すミスがあったと発表した。

 市によると、誤りがあったのは8日に開札された「道の駅おがち」周辺整備基本計画の策定支援業務(予定価格275万円)。最低制限価格を算定する際に使う項目を取り違え、本来は220万9900円とするものを230万1200円としていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 372 文字 / 残り 205 文字)

秋田の最新ニュース