きれいな花壇「神代小の誇り」 花育て、命の大切さ学ぶ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市田沢湖の神代小学校は、命を大切にする気持ちを育もうと、花を育てる活動に力を入れている。校舎前の花壇には色鮮やかな約400株の花々が植えられ、全校児童144人が水やりや雑草取りに取り組んでいる。

校舎前の花壇の手入れをする児童たち


 神代小は「花のいのちを育む学園」をスローガンに長年、花を育てる活動に取り組んできた。現在の校舎が完成した2009年以降、校舎前の花壇約100平方メートルでコリウスやブルーサルビア、マリーゴールド、ヒャクニチソウ、ベゴニアなどを育てている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 693 文字 / 残り 470 文字)

同じジャンルのニュース