立民、比例単独で26人 過半数の候補擁立達成

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
衆院選の比例単独候補を発表する立憲民主党の福山幹事長=16日午後、東京都新宿区
衆院選の比例単独候補を発表する立憲民主党の福山幹事長=16日午後、東京都新宿区

 立憲民主党は16日、衆院選の第2次公認として比例単独候補26人を発表した。1次公認と合わせ、候補者は240人となった。目標に掲げた立民単独での衆院定数465の過半数擁立を達成。擁立作業を終えたとした。

 福山哲郎幹事長が記者会見し、共産、国民民主、れいわ新選組、社民の各党との候補者調整について「自民、公明政権を倒すために協力する形になった」と成果を強調した。競合選挙区は共産と48、国民と2、社民と1残ったと説明した。

 2次公認では、共産党への一本化のため福島5区での出馬を取りやめた新人、鳥居作弥氏を比例東北で処遇した。