急造「フクマツ」ペア、韓国に逆転勝ち バド国・地域対抗戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ユーバー杯準決勝で笑顔を見せる福島(右)、松本組=オーフス(ゲッティ=共同)
女子ユーバー杯準決勝で笑顔を見せる福島(右)、松本組=オーフス(ゲッティ=共同)

 バドミントンの団体世界一を争う国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第7日は15日、デンマークのオーフスで行われ、女子の準決勝で日本は韓国を3―1で下し、決勝に進んだ。16日に2連覇を懸けて中国と対戦する。

 第1試合のシングルスで山口茜(再春館製薬所)が敗戦。ダブルスの福島由紀(丸杉Bluvic)松本麻佑(北都銀行)組、松友美佐紀(日本ユニシス)松山奈未(再春館製薬所)組、シングルスの高橋沙也加(日本ユニシス)で3勝した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 716 文字 / 残り 498 文字)

同じジャンルのニュース