10万人当たり新規感染、県内0・21人 岩手に次ぐ少なさ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 厚生労働省は15日、新型コロナウイルスの都道府県別の感染状況と医療提供体制の状況を発表した。秋田県内の14日までの1週間の人口10万人当たり新規感染者は0・21人。前週より2・8人減り、岩手県に次いで全国で2番目に少なかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 320 文字 / 残り 206 文字)

秋田の最新ニュース