松山英樹は64位に後退 米男子ゴルフ・CJカップ第3日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3ラウンド、3番でラインを読む松山英樹。通算6アンダーで64位=サミット・クラブ(共同)
第3ラウンド、3番でラインを読む松山英樹。通算6アンダーで64位=サミット・クラブ(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】米男子ゴルフのCJカップは16日、ネバダ州ラスベガスのサミット・クラブ(パー72)で第3ラウンドが行われ、28位で出た松山英樹は1バーディー、3ボギーの74と崩れ通算6アンダー、210で64位に後退した。

 63と伸ばしたリッキー・ファウラー(米国)が通算21アンダー、195で首位。2打差の2位に62をマークしたロリー・マキロイ(英国)、さらに1打差の3位にアダム・スコット(オーストラリア)ら3人が並んだ。