あきた衆院選・戦いの構図(下)3区 自共、異例の一騎打ち

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 6選を狙う自民党前職の御法川信英氏(57)に、共産党新人の杉山彰氏(55)が挑む一騎打ちとなる見通し。これまで秋田3区に連続5回立候補してきた元職の村岡敏英氏は今回、出馬しない。小選挙区制導入後、自民と共産による一騎打ちは初めてとなる。両陣営とも「村岡票」の行方を注視している。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 801 文字 / 残り 661 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース