首相、再調査に否定的 選挙買収、森友・加計問題

お気に入りに登録

 岸田文雄首相は18日の日本記者クラブ主催の公開討論会で、参院選広島選挙区の買収事件や森友、加計学園問題を巡り再調査に否定的な立場を示した。一方で「必要であるならば説明を引き続き続けていく姿勢は大事だ」と述べた。

 買収事件に関連し河井案里氏陣営に投入した1億5千万円が「買収に使われていれば法律違反になる」と指摘。買収原資ではないとする自民党の説明に触れ「何が法律違反なのか整理した上で説明しないと『1億5千万円』だけが独り歩きしてしまう」とけん制した。

 1億5千万円の支出そのものは「党のガバナンスとして党内で説明する問題だ」とも語った。