北京冬季五輪の聖火採火 無観客のオリンピア遺跡で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ギリシャのオリンピア遺跡で行われた北京冬季五輪の聖火採火式=18日(ロイター=共同)
ギリシャのオリンピア遺跡で行われた北京冬季五輪の聖火採火式=18日(ロイター=共同)

 【オリンピア(ギリシャ)共同】来年2月4日に開幕する北京冬季五輪の聖火採火式が18日、古代五輪の舞台だったギリシャ西部のオリンピア遺跡で行われた。新型コロナウイルスの影響で東京五輪に続いて無観客での式典となり、通例約1週間のギリシャ国内リレーは実施しない。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長や大会組織委員会とIOCで副会長の于再清氏が出席。伝統儀式に倣って、みこ姿の女性が太陽光から採った火をアルペンスキー男子のヨアニス・アンドニウ選手(ギリシャ)が最初に運び、スピードスケート・ショートトラック男子で元中国代表の李佳軍さんに引き継いだ。