日韓関係「打開目指す」 大統領候補巡り韓国与党代表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
18日、ソウルの国会議事堂で共同通信と単独会見する韓国の与党「共に民主党」の宋永吉代表(共同)
18日、ソウルの国会議事堂で共同通信と単独会見する韓国の与党「共に民主党」の宋永吉代表(共同)

 【ソウル共同】韓国の革新系与党「共に民主党」の宋永吉代表が18日、ソウルの国会議事堂で共同通信と単独会見し、次期大統領選の公認候補、李在明・京畿道知事について「(反日)イデオロギーがあるように映るかもしれないが(大統領になれば)実用主義で韓日関係を打開していくだろう」と述べた。「対日強硬派」との日本側の見方を否定した形。

 宋氏は、自身も日本の人脈を生かして関係改善に努めると語った。李氏が10日に公認候補に選出されて以降、宋氏の外国メディアとの会見は初めて。李氏は過去の発言から、厳しい対日外交を行うとの懸念も出ている。