ワクチン種別選択で意向調査 若い男性対象、県内各自治体

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを接種した人のうち、10~20代男性は心筋炎などの症状が出る割合が比較的高いとして、厚生労働省は希望者がファイザー製を選択できるよう自治体に通知した。モデルナ製での予約を受け付けている秋田県内自治体は、意向調査などの対応に追われている。

 15日に開かれた厚労省の専門部会でデータが示された。心筋炎や心膜炎の100万人当たりの報告頻度は、男性はモデルナ製が10代28・8人、20代25・7人。ファイザー製は10代3・7人、20代9・6人だった。

 厚労省は自治体に若年男性への対応を通知。ファイザー製を希望する場合は予約振り替えなどで対応するよう求めた。1回目にモデルナ製を接種した人も、2回目にファイザー製を選択できるとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1044 文字 / 残り 712 文字)

秋田の最新ニュース