アフガン担当の米代表が辞任 軍撤退で混乱招き引責か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年7月、アフガニスタン和平を巡る協議の会場で、言葉を交わす米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表(左)とタリバンのメンバー=カタール・ドーハ(共同)
2019年7月、アフガニスタン和平を巡る協議の会場で、言葉を交わす米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表(左)とタリバンのメンバー=カタール・ドーハ(共同)

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は18日、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンとの交渉を担当してきたハリルザド・アフガン和平担当特別代表が辞任し、ウェスト副特別代表が後任に就任すると発表した。8月30日の駐留米軍撤退を巡り混乱を招いたことに対する引責辞任の可能性がある。

 政治サイト、ポリティコによると、ハリルザド氏は辞表でタリバンとのやりとりは「予測していたように進まなかった」と弁明した。国務省の監察担当は撤退時の政府の対応について問題がなかったかどうか調査を開始した。

 ハリルザド氏はアフガン出身で後に米国籍を取得。18年に特別代表に就任した。