敵基地攻撃力保有を検討 首相、NSCで方針確認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
国家安全保障会議を終え、記者団の取材に応じる岸田首相=19日午後、首相官邸
国家安全保障会議を終え、記者団の取材に応じる岸田首相=19日午後、首相官邸

 岸田文雄首相は19日、国家安全保障会議(NSC)を開き、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する対応や方針を協議した。防衛力の抜本的な強化に向けて「敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討するよう確認した」と記者団に明らかにした。

 首相は、NSCで情報収集・分析、警戒監視の徹底、米国を含む国際的な連携を関係閣僚に指示したと説明。北朝鮮の発射意図については「私の立場から断定的に申し上げることは控える」と述べるにとどめた。