サキホコレ、どこで購入できる? 県内販売店、サイトで公表

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サキホコレのパッケージデザイン(県提供)
サキホコレのパッケージデザイン(県提供)

 秋田県内で先行作付けされた2021年産「サキホコレ」が11月6日に一斉発売されるのを前に、県は19日、県内販売店を秋田米公式ウェブサイト「ごはんのふるさと秋田へ」で公表した。県外での取扱店は22日に明らかにする。

 サキホコレは県の新品種米。21年産米は約400トンが市場に出回る予定で、首都圏や関西圏、中京圏など県外で約300トン、残る約100トンは県内でそれぞれ売り出す。

 県秋田米ブランド推進室によると、販売価格は各店が決める。販売数量が限られるため、早期完売となる可能性がある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 203 文字)

同じジャンルのニュース