地方点描:古銭[湯沢支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 湯沢市稲庭町の観光施設「稲庭城」で、市内の遺跡などから出土した品々が展示されている。土偶や石器が並ぶ中、個人的に関心を持ったのが稲川地域で見つかった古銭と銅鏡。戦国時代まで県南部で勢力を誇った小野寺氏にまつわる物で、当時の人々の息づかいが伝わってくる。

 稲川町史によると、小野寺氏は現在の栃木県にルーツを持ち、源頼朝に従って軍功を挙げて所領を与えられたとされる。1600年に領地を接していた最上氏との戦に敗れた後、関ケ原の戦いを経て歴史の表舞台から姿を消した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 409 文字)

秋田の最新ニュース