県内各地で強風、交通機関に乱れ 21日も引き続き警戒を

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雨風が強まる中、裏返しになった傘を持って歩く人の姿も見られた=20日午後3時45分ごろ、秋田市のJR秋田駅前
雨風が強まる中、裏返しになった傘を持って歩く人の姿も見られた=20日午後3時45分ごろ、秋田市のJR秋田駅前

 秋田県内は20日、低気圧が発達しながら東北地方を通過した影響で、沿岸部を中心に強風に見舞われた。大気の不安定な状況は続くため、秋田地方気象台は、21日も昼前にかけて強風に注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、20日午後6時までの各地の最大瞬間風速はにかほ市26・7メートル、能代市21・5メートル、八峰町八森19・5メートル、秋田市18・9メートルなど。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 363 文字 / 残り 181 文字)

同じジャンルのニュース