「こんなに打たれたのは…」 大曲工、序盤大量失点響く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大曲工―東奥義塾】2回裏、ピンチでマウンドに集まる大曲工の内野陣=仙台市民球場
【大曲工―東奥義塾】2回裏、ピンチでマウンドに集まる大曲工の内野陣=仙台市民球場

 大曲工は序盤の大量失点が響き、最後まで見せ場をつくることができなかった。藤井十二支継監督は「2、3点に抑えられればと考えていた。初回の4点で焦りが出たのかもしれない」と言葉少なだった。

大曲工は初戦敗退 秋季東北高校野球

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 366 文字 / 残り 256 文字)

秋田の最新ニュース