アランマーレ秋田・Wリーグ元年(中)注目高まる中の船出 代表選手への対応課題

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 Wリーグがこれまでにないほど注目されている。バスケットボール女子日本代表が、夏の東京五輪で強豪国を次々に倒し銀メダル、秋のアジアカップでは史上初の5連覇を達成。いずれもリーグ所属の選手が活躍し、人気に火をつけた。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、観客数の上限を収容の50%に制限しているとはいえ、代表選手がいない新潟とアイシンの17日の試合でチケットが完売。月末に川崎市で行われる試合分も既に売り切れている。リーグの長崎俊也事務局長は「これまで当日入場できないのはプレーオフぐらいだった。レギュラーシーズンで完売が続く状況には戸惑うほど」と話す。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 930 文字 / 残り 654 文字)

同じジャンルのニュース