カルビーのポテチ用11トン出荷 小坂町、増産目指す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小坂町産ジャガイモの箱詰め作業=町畑作振興センター
小坂町産ジャガイモの箱詰め作業=町畑作振興センター

 秋田県小坂町は大手菓子メーカー・カルビー(東京)へ供給するため2018年度から栽培しているポテトチップス用のジャガイモについて、21年度は11トンを出荷したと発表した。カルビーへの出荷は2年連続で、20年度を約2・5トン上回った。町は畑作振興センターを増築して馬鈴薯(ばれいしょ)選別機を設置することにしており、さらなる増産を目指す。

 カルビー向けに栽培しているのは加工用品種「オホーツクチップ」。4月に約50アールに種芋を植え、8月6、7日に収穫、14日に出荷した。作付面積は20年度と同じだが、栽培技術向上による収量の増加や、大型収穫機導入による作業の効率化などで最終的な出荷量が増えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 696 文字 / 残り 399 文字)

同じジャンルのニュース