天寿の酒、TDKの技術で特徴分析 純米大吟醸鳥海山を発売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
酒の特徴を図示したレーダーチャート
酒の特徴を図示したレーダーチャート

 秋田県由利本荘市矢島町の天寿酒造(大井建史社長)は、電子部品大手TDKとの共同プロジェクトによる清酒「TDK Sake Project~純米大吟醸鳥海山」を発売した。TDKの成分評価・解析技術を活用し、味や香り、この商品特有の微発泡感などを視覚的に表現しているのが特徴。

 TDK独自のアルゴリズム(計算手法)で約100種の測定データを分析。評価値をレーダーチャートに表した。商品に付いているQRコードを使ってサイトにアクセスすると、チャートを見ることができる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 686 文字 / 残り 455 文字)

同じジャンルのニュース