能代松陽コールド勝ち、準々決勝へ 秋季東北高校野球

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代松陽―久慈東】1回表2死二塁、能代松陽は加賀谷の適時打で二走大高が先制のホームイン=仙台市民球場
【能代松陽―久慈東】1回表2死二塁、能代松陽は加賀谷の適時打で二走大高が先制のホームイン=仙台市民球場

 来春の選抜大会につながる第74回秋季東北地区高校野球大会第2日は21日、宮城県の仙台、石巻両市民球場で2回戦6試合を行った。本県第1代表の能代松陽は久慈東(岩手第2)を11―0の五回コールドゲームで下し、準々決勝に進んだ。きょう22日は健康管理日で試合がなく、23日に準々決勝を実施。能代松陽は石巻市民球場で聖光学院(福島第1)と、第2代表の大館桂桜は仙台市民球場で八戸工大一(青森第2)とそれぞれ対戦する。

 ▽2回戦(仙台市民球場)
能代松陽 11-0 久慈東
(五回コールドゲーム)

東北大会試合日程・結果/秋季高校野球2021

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 403 文字 / 残り 139 文字)

秋田の最新ニュース