能代松陽、打線の援護にエース躍動 秋季東北高校野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代松陽―久慈東】1回表2死二塁、能代松陽の二走大高が加賀谷の左前打で先制のホームイン=仙台市民球場
【能代松陽―久慈東】1回表2死二塁、能代松陽の二走大高が加賀谷の左前打で先制のホームイン=仙台市民球場

 能代松陽は投打がかみ合うこれ以上ない展開で初戦を突破。打線の中軸が役割を果たし、呼応するかのようにエースがマウンドで躍動した。

能代松陽、準々決勝へ

 打線は、技巧派の相手左腕の緩いボールに狙いを定めた。一回、2死二塁から4番加賀谷恭(2年)がしぶとく左前に運び1点先制。工藤明監督は試合前から選手が硬いと感じていたこともあり「あの1点でチームに勇気が湧いた」。二回は、3番田中元輝主将(同)の左越え2点二塁打などで加点した。県大会でバットが湿りがちだった3、4番の適時打で勢いづいた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 554 文字 / 残り 312 文字)

同じジャンルのニュース