「悔しさを晴らすのはこの試合」 秋田商が西目に雪辱

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【西目―秋田商】後半14分、秋田商の近野(左から2人目)が先制ゴールを決める
【西目―秋田商】後半14分、秋田商の近野(左から2人目)が先制ゴールを決める

 伝統校の秋田商が昨年、準々決勝で苦杯を喫した西目に雪辱し、2年ぶりの決勝に駒を進めた。

決勝は秋田商―明桜 高校サッカー県大会

 持ち前の球際の強さは今年も健在で、中盤の競り合いやセカンドボール争いを優位に運び押し込んだ。簡単には蹴り込まずに堅実にパスをつなぎ、連動した動きでゴールを目指した。攻守で押し続け、どんな形であれシュートに持ち込む意識も高かった。後半14分に近野宙安(ゆあん、3年)の先制ゴールにつながった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 455 文字 / 残り 246 文字)

同じジャンルのニュース