この秋、クマによる人身被害多発 クリのある場所は特に注意を

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女性がクマに襲われたとみられる秋田市の現場周辺。女性はクリ拾いの最中だった=10月3日
女性がクマに襲われたとみられる秋田市の現場周辺。女性はクリ拾いの最中だった=10月3日

 秋田県内で9月中旬以降、ツキノワグマによる人身被害が多発している。秋は冬眠前のクマが食べ物を探して里山や人里近くなどに出没し、クリやキノコなどを求めて山林に入る人との遭遇が懸念されるため、県や県警はクマの被害に遭わないよう注意を呼び掛ける。

 県自然保護課によると、今年は県内でクマによる人身被害がこれまでに11件起き、11人がけがをした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1393 文字 / 残り 1223 文字)

秋田の最新ニュース