特定最低賃金5~30円上げ答申 非鉄金属、自動車など4産業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田労働局は21日、本県の非鉄金属関連、自動車関連など4産業の特定最低賃金の答申額が出そろったと発表した。時給引き上げ額は前年比5~30円となった。自動車分野は業種によって対応が分かれ、自動車・同付属品製造業の上げ幅が4産業でトップとなった。4産業以外に適用される最低賃金の本年度の上げ幅が過去最大の30円となったことが影響したとみられる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 617 文字 / 残り 446 文字)

秋田の最新ニュース