広小路ににぎわい…渋滞発生で課題も 17日の歩行者天国

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの来場者でにぎわった広小路バザール=17日
多くの来場者でにぎわった広小路バザール=17日

 JR秋田駅前の広小路を歩行者天国にして17日に初開催された「広小路バザール」。全県から集めた物産やグルメ、竿燈演技を目当てに約2万人が来場しにぎわいを見せた。一方、事前の周知不足もあって会場周辺では渋滞が発生。今後の定期開催に向け課題も浮かび上がった。

◇   ◇

 「商店街はずっと新型コロナウイルスの影響を受けている。今回あれだけの人が集まり、久々ににぎわいが生まれて本当に良かった。商店街への波及効果も生まれたと思う」。秋田市広小路商店街振興組合の佐々木清理事長(68)は初の試みを評価する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1319 文字 / 残り 1071 文字)

秋田の最新ニュース