佐藤大さんに県知事賞 角館町樺細工伝統工芸展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
最高賞の知事賞に選ばれた佐藤さんの作品
最高賞の知事賞に選ばれた佐藤さんの作品

 第49回角館町樺(かば)細工伝統工芸展の審査が19日、仙北市の角館樺細工伝承館で行われ、最高賞の県知事賞に佐藤大さん(45)=同市角館町=の「茶筒」が選ばれた。東北森林管理局長賞は米沢研吾さん(42)=同=の「臼型茶筒」が受賞した。入賞作15点などが並ぶ工芸展は27日まで同館で開かれている。

 角館町樺細工振興育成協会(田口宗平会長)の主催。伝統工芸品と一般の2部門に、市内から計48点の応募があった。伝統的な技法、工芸品としての品位、デザイン、実用性、創意工夫、独創性などの観点から、審査員が総合的に審査した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 807 文字 / 残り 550 文字)

秋田の最新ニュース