新あきたよもやま:秋田美人誕生(2)~犬養毅が愛した名妓

有料会員向け記事
お気に入りに登録

明治7年に創業した3階建ての料理屋「伊呂波屋」(『目で見る秋田100年』より)

語り継がれるロマンス


明治4年(1871)の廃藩置県により、秋田県が発足。同年、久保田城下町は秋田町となった。

職業を自由に選択し、誰でもお金さえあれば商売ができる時代の到来。資本主義のはじまりと共に花柳界もまた近代というシステムの中で再構築されていく。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 3043 文字 / 残り 2918 文字)

同じジャンルのニュース