国学院大が5勝目 東都大学野球第5週

お気に入りに登録

 東都大学野球リーグ第5週第2日は22日、神宮球場で1回戦1試合が行われ、国学院大が亜大を4―1で下して5勝目(2敗)を挙げた。亜大は5勝4敗。

 国学院大は一回、ドラフト会議でオリックスから3位指名を受けた福永の右前適時打で先制し、二回に2点を追加した。先発の池内は5回1失点で今季初勝利。亜大は阪神5位指名の岡留が3失点で二回途中降板した。