首相、厚労省分割に否定的 学術会議の任命問題「終了」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は22日、衆院を解散した14日の記者会見で指名されなかった報道機関の質問に書面で回答した。菅義偉前首相が訴えた厚生労働省分割に関し否定的な見解を示した。菅内閣が日本学術会議の会員候補6人の任命を拒否した問題については「一連の手続きは終了したものと承知している」として、新たに任命しない考えを示した。

 厚労省を巡り「現役世代の減少という社会構造の変化を踏まえれば、社会保障施策と雇用施策を一体的・横断的に実施できる組織であることが適切」と表明。「行政課題に合わせた体制確保は重要と認識しており、不断に必要な見直しを検討していく」とも付け加えた。