秋田の花で「純烈」お出迎え 若手生花店主ら会場彩る、横手

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県産花卉(かき)の美しさをアピールして需要拡大を図ろうと、県内各地の若手生花店主らでつくるグループ「花actあきた」が横手市の秋田ふるさと村で大型フラワーモニュメントを制作し、展示している。23日に秋田ふるさと村で開かれる「スーパー銭湯アイドル『純烈』コンサート」に合わせ、22日には店主ら5人が色鮮やかなモニュメントを完成させた。

 花actあきたは、県花卉小売商業協同組合青年部(牧野真美部長)の通称。花材はモニュメント制作を主催するJA全農あきたが県内各JAから取り寄せた。

 純烈は男性4人組で、コンサートには2ステージ合わせて千人を超える来場者が見込まれるため、県産花卉をPRする場として効果的と考えた。コンサートのチケットは完売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 703 文字 / 残り 377 文字)

秋田の最新ニュース