将来への思い新たに 湯沢・山田中2年生が「立志式」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
目指す姿を漢字で表現した紙を持って記念撮影に納まる生徒
目指す姿を漢字で表現した紙を持って記念撮影に納まる生徒

 秋田県湯沢市の山田中学校(神林雅紀校長、69人)で22日、同校伝統の「立志式」が開かれ、2年生19人が自身の将来への思いを新たにした。

 体育館での式で神林校長は「志とは世のため、人のためになろうという望みでなければならない。いつまでに志を達成するかを考えながら進んでいってください」と呼び掛けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 455 文字 / 残り 306 文字)

同じジャンルのニュース