古江が-9で単独首位浮上 マスターズGCレディース第3日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3日、3番でティーショットを放つ古江彩佳。通算9アンダーで首位=マスターズGC
第3日、3番でティーショットを放つ古江彩佳。通算9アンダーで首位=マスターズGC

 延田グループ・マスターズGCレディース第3日(23日・兵庫県マスターズGC=6571ヤード、パー72)2週連続優勝を目指す古江彩佳がボギーなしの5バーディー、67で回って通算9アンダー、207で11位から単独首位に立った。

 1打差の2位は勝みなみと菊地絵理香、さらに1打差の4位に西郷真央とユン・チェヨン(韓国)が続いた。賞金ランキング首位の稲見萌寧が4アンダーの10位。(出場58選手=アマ2、晴れ時々曇り、気温15・5度、北北西の風5・7メートル、観衆2456人)