スケート渡辺、順位決定戦で失格 ショート五輪テスト大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子1500メートル順位決定戦のレースを終えた渡辺啓太。失格となった=北京・首都体育館(共同)
男子1500メートル順位決定戦のレースを終えた渡辺啓太。失格となった=北京・首都体育館(共同)

 【北京共同】スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第1戦第3日は23日、北京の首都体育館で行われ、1500メートルで男子の渡辺啓太(阪南大職)は準決勝2組4着で回った順位決定戦で失格となった。準決勝で吉永一貴(トヨタ・中京大)は敗退し、宮田将吾(阪南大)は失格。女子の菊池悠希(ANA)も準決勝で敗退した。

 大会は新型コロナウイルス対策のため、無観客で開催。選手や関係者を外部と隔離する「バブル方式」が採用された。