大館桂桜、優位に試合進めたが… 満塁のピンチしのげず

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 大館桂桜は2点を先行し、試合を優位に進めたが、後半に逆転を許した。エース福田春輝(2年)は疲れが見え始め、打線は相手投手の切れのある変化球に苦しんだ。

能代松陽と大館桂桜、4強入りならず 秋季東北高校野球

 三回、先頭の高清水椋(1年)が四球で出塁し、送りバントで二塁へ進んだ。打席に入ったのは1番石倉大翔(1年)。「何とか先取点を取りたかった」と3球目の内角直球を捉えると打球は左翼線へ。二塁打となり、待望の1点を先制した。五回には福田の三塁打で1点を追加した。

【大館桂桜―八戸工大一】3回表1死2塁、大館桂桜の石倉が先制の二塁打を放つ=仙台市民球場

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 545 文字 / 残り 314 文字)

秋田の最新ニュース