「相手を大きく見過ぎ」 能代松陽、一回の攻防で明暗

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【聖光学院―能代松陽】試合後のスタンドへのあいさつを終え、肩を落とす能代松陽の選手=石巻市民球場
【聖光学院―能代松陽】試合後のスタンドへのあいさつを終え、肩を落とす能代松陽の選手=石巻市民球場

 立ち上がりの攻防が明暗を分けた。能代松陽は一回の守りでエース三浦凌輔(2年)が乱れ3失点すると、その裏の攻撃では無死2塁の好機を生かせず無得点。聖光学院を勢いづかせてしまい、二回は打者一巡の猛攻を受け5点を失った。

能代松陽と大館桂桜、4強入りならず 秋季東北高校野球

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 431 文字 / 残り 297 文字)

秋田の最新ニュース