秋田の農業の価値、若者に伝えたい 映像発信に挑む県立大生

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
農業の魅力を伝えるドキュメンタリー映像の編集をする田口さん
農業の魅力を伝えるドキュメンタリー映像の編集をする田口さん

 秋田県内の大学生ボランティアグループ「You&I(ユイ)」代表として農家の支援に取り組んでいる県立大生物資源科学部4年の田口雄大さん(22)が、本県農業の価値を発信する映像制作に挑んでいる。ユイの活動を通じて農業に興味を持つ若者が多いと知り、彼らを含め多くの人に農業の魅力を伝えようと、現在も撮影を続けている。

 仙北市出身の田口さんは、本県の基幹産業である農業と、持続的な地域づくりについて学ぼうと県立大に入学。昨年度は大学を休学し、潟上市の農家の元で、農薬や肥料を使わない「自然栽培」や、一般の人に農作業を体験してもらう経営手法などを学び、技術の高さやこだわりを肌で感じた。現在も農作業体験に参加しているという。

 「以前は作って売るだけだと思っていたが、実際に農家の元で学び、農業にはいろんな可能性があることを知った」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1073 文字 / 残り 712 文字)

同じジャンルのニュース