あきた衆院選・激戦の現場:秋田2区 大票田の大館市で火花

有料会員向け記事
お気に入りに登録

選挙カーから手を振って遊説に出発する金田候補=大館市(左)、通り掛かるドライバーらに手を振る緑川候補=大館市

 自民党前職の金田勝年候補(72)と立憲民主党前職(比例東北)の緑川貴士候補(36)が激戦を演じている。前回は金田候補が1672票差で勝利をつかんだ。だが有権者の最も多い大館市に限れば、緑川候補が3千票余り上回った。今回、金田候補はてこ入れを図るため第一声を大館市で上げ、緑川候補は同市で無党派層の取り込みに注力。有権者6万人余りの大票田での戦いが鍵を握りそうだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1025 文字 / 残り 843 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース