雄物川27連覇、女子は秋田北4連覇 春高バレー県予選

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子決勝・雄物川―秋田工】第2セット、スパイクを放つ雄物川の石塚(右)
【男子決勝・雄物川―秋田工】第2セット、スパイクを放つ雄物川の石塚(右)

 第74回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)秋田県予選最終日は24日、由利本荘市のナイスアリーナで男女の決勝を行った。女子は秋田北が由利をストレートで下し、4年連続6度目の優勝。男子は雄物川が2―0で秋田工に快勝し、27連覇を果たした。優勝校は来年1月5日から東京体育館で開かれる全日本大会に出場する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 501 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース