時代を語る・佐藤謙一(27)本当は難しい水割り

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
弟子に任せた店で、気の置けない仲間とウイスキーの水割りで乾杯(右)=先月21日
弟子に任せた店で、気の置けない仲間とウイスキーの水割りで乾杯(右)=先月21日

 どうしてバーで飲む1杯はおいしく感じるのでしょう。ウイスキーの水割りやソーダ割りも、バーで飲むとなぜかおいしい。ウイスキーと水またはソーダの2種類しか使わないのに、作る人によって味が違うのを不思議に思いませんか。

 私は当初、ウイスキーはストレートで飲むものだと思い込んでいました。バーテンダー修業を始めた頃、お客さんから「おいしいウイスキーを飲ませてやるよ」と連れて行かれたのが、トリスバーでした。みんなソーダ割りを頼み、こんな飲み方もあるんだと知りました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 733 文字 / 残り 503 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース