台湾北東部でM6・5 台北などで強い揺れ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
24日、台湾北東部宜蘭県で発生した地震で落下した看板(中央通信社=共同)
24日、台湾北東部宜蘭県で発生した地震で落下した看板(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の中央気象局によると、24日午後1時11分(日本時間同2時11分)ごろ、台湾北東部宜蘭県を震源とするマグニチュード(M)6・5の地震があった。震源の深さは約67キロ。宜蘭県や台北市、新北市の震度は4。東部から北部にかけて広い地域で強い揺れがあった。

 台北市の地下鉄などが一時運行を停止して安全確認を行った。宜蘭県では道路で落石や看板の落下があり、通行に支障が出た。

 直後の午後1時12分にも宜蘭県を震源とするM5・4の地震があった。中央気象局は3日以内に同規模の地震が発生する可能性があるとした。