3チームのマスコット集結 下校の児童見守る 秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ビッキー(右)とブラウゴン(中央)、あんべぇも駆け付け安全指導に加わった
ビッキー(右)とブラウゴン(中央)、あんべぇも駆け付け安全指導に加わった

 秋田中央署は、秋田市の勝平小学校(小島孝志校長、582人)で安全指導を行った。署員や秋田中央地区少年保護育成委員らのほか、本県を拠点とする三つのスポーツチームのマスコットも参加。交通安全や犯罪被害の防止を呼び掛けた。

 安全指導は市内の小学校の秋休みが明け、登校初日となった12日に実施。休み明けの児童が事故や事件に巻き込まれないよう、安全意識を高めてもらおうと、1年生の下校時間に合わせて行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 496 文字 / 残り 297 文字)

同じジャンルのニュース