大物!男鹿沖で190キロのマグロ 30分格闘の末、水揚げ

会員向け記事
お気に入りに登録

190キロのクロマグロを水揚げし笑顔を見せる伊藤さん(左)と菅原さん=25日、男鹿市の船川港


 秋田県潟上市天王の漁師伊藤公男さん(71)が25日、はえ縄漁で190キロのクロマグロをとった。県漁協中央支所(男鹿市)は「秋田でここまでの大物を水揚げするのは極めて珍しい」としている。

 第十八兼丸船長の伊藤さんは、船員の菅原慎也さん(35)とともに24日に潟上市の江川漁港から出漁。25日午前、男鹿沖約80キロで仕掛けたはえ縄に巨体がかかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 335 文字 / 残り 162 文字)

同じジャンルのニュース